アウトプットは記憶の強い味方

アウトプットは記憶の強い味方

何かを記憶するという作業において、アウトプットは重要です。

しかし大抵の人がインプットばかりを重視して、アウトプットを疎かにしています。

本節の内容を踏まえて、ぜひアウトプットの習慣を身につけていきましょう。

瞬時に記憶できる
究極のメソッド
石井式瞬間記憶術公式HPへ

アウトプットが記憶力を高める理由

数学の教科書を読む、数学の問題を解く、どちらの方がより強く記憶に残るでしょうか。

おそらく大半の方が、後者を選ぶはずです。

その理由としては、アウトプットによって明確になる「結果」にあります。

一方インプットでは、ただ読むだけでも、隅から隅まで読み込んでも、行動内容的には同じインプットであり、インプットの質について評価することができません。

その点アウトプットでは、どこまで覚えているのか、理解できているのか、覚えた内容を視覚化するわけですから、自分でその質について評価することができるのです。

五感を使う方が覚えやすい

記憶するにあたって、五感を使った方が良いという話は結構有名だと思います。

例えば、懐かしい音楽や匂いに出会えば、当時の情景や心境を簡単に思い出すことができますよね。

また、昔からよく「何かを覚える時は、紙に書いた方がいい」なんてことを言われたりします。

実はこれ、書けば覚えられるということ以上に、様々な意味を持っていることにお気づきでしょうか。

まず「書くこと」そのものがアウトプットであり、「視覚」と「触覚」2つの五感を使っています。

また指の運動は質の良い電気信号を生み出し、より活発な脳機能を促すことになるのです。

このように五感の活用を知っているのとそうでないのとでは、記憶の効率に雲泥の差が生まれますので、是非とも習得しておきたいところです。

アウトプット習慣を作る方法

アウトプットが重要とは言っても、具体的には何をすればいいのか、慣れていない人には難しいかと思います。

そこでアウトプットの習慣を作る際にオススメしたいのが、SNSやブログを活用した情報発信です。

本の感想や日常で感じたことなど、どんどん発信していきましょう。

何気ないつぶやきでも、他者に見られることを意識すれば、少し考えて文章を綴るはずです。

その考える作業がまた記憶の定着力を底上げし、慣れればアウトプットの負担が少なくなっていくことでしょう。

もしかしたら、今まで暗記や勉強が苦手だったという人は、このアウトプット習慣が確立できていなかったのかも知れませんね!

瞬時に記憶できる
究極のメソッド
石井式瞬間記憶術公式HPへ
TOPページを見る