ジャネーの法則で測れる人生の充実度

ジャネーの法則で測れる人生の充実度

皆さんも経験があるかと思いますが、年を重ねるごとに、月日の流れが加速していないでしょうか?

実はこの現象を心理学的に説明した人がおり、それがフランスの哲学者・ポール・ジャネ。

彼が考案した「ジャネーの法則」を知れば、皆さんの人生がどれくらい充実しているのか、ある程度推測できるのではないでしょうか。

瞬時に記憶できる
究極のメソッド
石井式瞬間記憶術公式HPへ

ジャネー法則について

ジャネーの法則について、簡単に説明していきましょう。

例えば、現在50歳の人にとって1年の長さは人生の50分の1。

一方で、5歳の人間にとって1年の長さは5分の1に相当します。

つまり、50歳の人にとって10年間の体感時間は、5歳の人にとっての1年間の体感時間と等しいということになります。

まとめると「ジャネーの法則」は、心理的に感じる時間の長さは、年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)ということ。

通算の人生時間が長くなると、1年の相対的な長さがどんどん小さくなり、時間が早く感じるというわけですね。

日々を記憶できるようになると、人生は充実する!

ジャネーの法則にしたがって、年齢とともに時間の感じ方が、段々と早くなっていく仕組みについて理解いただけたでしょうか。

ただ、この加速度的に早くなる時間の流れを、緩める方法も存在します。

それは、日々の生活に彩りをつけること、新鮮な体験を数多くこなすことです。

毎日同じことの繰り返しで、脳の記憶に残らない日々を過ごしてしまうと、ジャネーの法則によって瞬く間に時が流れてしまいます。

これと同じ例が、睡眠中に見る「夢」です。

夢は例外をのぞいて記憶に残らず、だからこそ私たちは、睡眠中の時間の流れを一瞬のように感じてしまいます。

しかし、一刻一刻をはっきりと思い返せる記憶力があれば、どうなるでしょうか?

時間の流れをありありと体感することができ、記憶にも残っているため、月日が一瞬のように過ぎ去っていくことはなくなるでしょう。

皆さんは、今の生活において、時間の流れをどのように感じているでしょうか。

もし「早い」と感じているようであれば、人生が充実していない、あるいは人生をストックさせる記憶力が足りていないのかもしれません。

瞬時に記憶できる
究極のメソッド
石井式瞬間記憶術公式HPへ
TOPページを見る